知ってる?セルフメディケーション税制

セルフメディケーション税制ってどんな制度?

適切な健康管理の下で医療用医薬品からの代替を進める観点から、健康の維持増進および疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日~平成33年12月31日までの間に、自己または自己と生計を一にする配偶者その他の親族に係る特定成分を含んだOTC医薬品(いわゆるスイッチOTC医薬品)の購入の対価を支払った場合において、その年中に支払った対価額の合計額が12,000円を超えるときは、その超える部分の金額(上限:88,000円)について、その年分の総所得金額等から控除する新税制です。

創設の目的って?

「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当すること」とWHOにおいて定義されているセルフメディケーションを推進することを目的としています。

国民の自発的な健康管理や疾病予防の取組を促進することはもちろん、医療費の適正化にもつながります。

対象の医薬品ってどんなもの?

® 一般社団法人日本OTC 医薬品情報研究会

 

医療用医薬品から、ドラッグストアで購入できるOTC医薬品に転用された医薬品(スイッチOTC医薬品)です。

対象のOTC医薬品は厚生労働省のHPで掲載しているほか、一部の製品については、パッケージにこの税制の対象である旨を示す識別マークが掲載されています。

確定申告はいつ行えばいいの?

確定申告をする必要がある方は、2月中旬から3月中旬の定められた期間に確定申告を行う必要があります。

(確定申告の具体的な手続きについては、お近くの税務署や国税庁のホームページ等でご確認下さい。)

従来の医療費控除も使える?

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)による所得控除と、従来の医療費控除を同時に利用することはできません。

従来の医療費控除制度とセルフメディケーション税制のどちらの適用とするか、対象者自身が選択します。

セルフメディケーション税制を利用するときのイメージ

◆課税所得400万円の者が、対象医薬品を年間20,000円購入した場合
(生計を一にする配偶者その他の親族の分も含む)

セルフメディケーション税制を利用するときのイメージ

どうしたら利用できるの?

この制度を利用するには、通常の確定申告に必要な書類に加えて、
  1. ①対象OTC医薬品を購入した際の領収書
  2. ②定期健康診断等を受けたことを証明する書類
    (結果通知表、領収書等)
を提出しなければなりません。
このため、領収書や定期健康診断等の書類は大事に保管しておくことが重要です。
このページの先頭へ戻る